おせちとその種類

おせちは、今ではお正月のお祝いの料理というのが定番ですが、昔は節句に出す料理のことをそう呼びました。いまでも、節句の形は残っています。江戸時代のころから現代の形になりました。

おせちの始まりは節句の料理

お正月の定番といえばおせちだと思います。

おせちは、お正月に食べるお正月をお祝いするための料理です。

この、おせち問言葉は本来、暦のうえの節句のことを指します。

節句はお正月だけではありません。

そして、この節句に作られる料理のことをおせち料理呼んでいました。

現在では一年の中で一番初めの節句のお正月に出すお祝いの料理のことを表す言葉として一般的に浸透しています。

では、このおせち料理が振る舞われていた節句はいつだったのでしょうか。

昔は、五節供と呼んでいて年に5回節句があり、その節句の時におせち料理を振る舞っていました。

五節供は、1月1日、3月3日、5月5日、7月7日、9月9日のことを指します。

現在でもそれぞれ、お正月やひな祭り、端午の節句、七夕としてその形を残しています。

9月9日も今ではあまりなじみがなくなってしまいましたが重陽と呼ばれる日でもあります。

奇数月のぞろ目の日を節句として昔はお祝いしていたことがわかると思います。

この五節供にだされるおせち料理は、平安時代から振る舞われていました。

平安時代では、朝廷の節日に行われる行事のときにこのおせちを食べていました。

おせちは平安時代では節会と呼ばれ、で神様に供えられたりもしていました。

それが、時代の変化に伴い形を変えていき、おせちと略された名前で呼ばれるようになりました。

そして、江戸時代のころには、現代と同じようにお正月のお祝いの料理として定着しました。

そして今では、おせちもインターネットで注文できるようになりました。

皆さんも板前魂本店で予約してみませんか?

Theme author: http://thememotive.com. Engine: http://wordpress.org.